オフィス移転でかかる費用をカバーする社員のやる気


起業したての頃は、多くの企業は少人数の社員からスタートさせるために事務所のスペースも狭くても良く、事業が軌道に乗るまでは安い賃貸物件で頑張るというケースも多いです。
しかし事業がうまく軌道に乗って会社も拡大路線に進んでいくと判断した場合には広い場所にオフィス移転をすることも多いです。


当然のことながら広いスペースになるために賃料も高くなるために固定費用が今後も継続して発生していくことになります。

togetterの情報を幅広く扱っているサイトです。

またその物件の場所によっては当然それ以上に高くなるケースもあります。

しかしそのような場所にオフィス移転する理由も単に人員が増えたためという以外に、社員のモチベーションを高めるためにおこなうケースもあります。



いわゆるランドマークといわれる場所に事務所を構えることもで社員も背筋が伸びる気持ちがするでしょうし、またそのような物件で働けるという優越感も持つことになります。その分、仕事にも精を出してくれたりと、見えない部分でいい影響を与えることができます。
賃料が高くなることによる費用対効果を考えた場合には、社員のやる気が高まるという金額にできない部分で大きな効果があります。

またオフィス移転によって、賃料以外にも社員の通勤交通費が高くなったりとさまざまな面で従来よりも費用がかかることも考えられますが、移転前に綿密な事業計画をたてて黒字を継続できることを前提でおこなうのは当然であり、それをカバーできるだけの収益も期待できるという上で実施することになります。