プログラミングが表現を変える

  • プログラミングが表現を変える

    • アートの世界ではアナログが主流で、直感的な動きが映像表現に繋がりますが、コンピュータを駆使した手法も進化していますから、プログラミング技術が芸術の分野を開拓しています。



      プログラミングは数が膨大なので、選択に戸惑う事がありますし、どれも完璧な存在にはなりませんが、共通する部分を抑えて学べば習得出来ますから、経験が応用に活かせる利点が備わります。



      数学的表現に強いプログラミングですから、幾何学模様を映像化するのは得意で、CGはコンピュータやアートと切り離せない技術ですし、商業を中心にアマチュアや専門分野の間に浸透しています。



      プログラミングが与える利点は、一度設計して組み込んでしまえば、後は自由に値を変更するだけで表現が変わり、連続的に変化させるのも容易に行える部分です。



      変数はプログラミングの重大要素で、受け入れる数値が許容の範囲内なら、色や線の太さは勿論、グラデーションとコントラストも変えられる事が、新たな可能性や自由な表現力に結び付いています。



      専門的な技術を集中的に学び、高い習得率を実現すれば使いこなせますが、表現を自由に行いたければ学習時間が必要ですから、アートその物が疎かになる確率は高いです。



      しかし、映像を扱うソフトの中には、スクリプトで変化が加えられる存在も珍しくないので、簡易的な方法でも表現力は上がり、習得の用意さと学習の手間を節約する二つが実現しますから、バランスと効率化が優れた選択肢です。





  • 関連リンク

    • 義務教育である中学校を卒業した後、就職するのか進学するのかを選択する事になりますが、国内での進学率は97パーセントとほとんどの人が高校受験をし、入学する道を選んでいます。そしてその人達はその3年後、また進路を決めなければいけない時期がやってきます。...

    • 専門学校は公的資格を取得するための所と、非資格教育分野とがあります。以前のように大学進学率が伸びてきたことや、高校卒業者の仕事場の変化により仕方なく専門学校に行くというのではなく、非資格教育分野では情報処理学科、経理、簿記、音楽系が中心となっています。...