プログラミングが表現を変える

  • 専門学校を卒業して手に職をつける

    • 義務教育である中学校を卒業した後、就職するのか進学するのかを選択する事になりますが、国内での進学率は97パーセントとほとんどの人が高校受験をし、入学する道を選んでいます。



      そしてその人達はその3年後、また進路を決めなければいけない時期がやってきます。



      四年制の大学へ進学するのか、それとも短期大学なのか、専門学校という手段もありますし、もちろん就職する道もあります。



      しかし高校を出てすぐに就職する場合には職種が限られてしまう事や、長く勤めても初任給が低いために後から就職した大学卒業生よりも低くなってしまう可能性があります。



      もし就きたい職業が明確で、そこに就くため卒業すると有利となる専門学校があるならば、卒業後すぐに入学するのもよいですし、まだ自分が何をしたいのか分からないといった場合には、とりあえず興味を引く学部のある大学を受け、その後専門学校へ通ったり、大学へ行きながら通うダブルスクールという方法をとっている人もいます。



      一度社会に出てから自分に向いている職業を見つけ、専門学校へ通いもう一度勉強し直すという人もたくさんいます。



      やはり手に職を持っていれば、一度結婚や出産で仕事を辞めたとしても、再び就職したいと考えた時に多少年齢が上がっていようととても有利に働きますから、時間があるうちに色々と勉強し知識をつけ、資格を持っておく事は大切な事です。



      体験入学受け付けているところもありますから、どんどん足を運び校舎の雰囲気を知っておくとよいでしょう。



  • 関連リンク

    • 保育関係の専門学校で過ごした2年間、それが現在の私の社会人生活を支えている基盤です。小学生の時から子供が好きだった私は大人になったら保育園の先生になりたいと思うようになりました。...

    • 専門学校は公的資格を取得するための所と、非資格教育分野とがあります。以前のように大学進学率が伸びてきたことや、高校卒業者の仕事場の変化により仕方なく専門学校に行くというのではなく、非資格教育分野では情報処理学科、経理、簿記、音楽系が中心となっています。...