プログラミングが表現を変える

  • 専門学校の立場の位置付け

    • 専門学校は公的資格を取得するための所と、非資格教育分野とがあります。



      以前のように大学進学率が伸びてきたことや、高校卒業者の仕事場の変化により仕方なく専門学校に行くというのではなく、非資格教育分野では情報処理学科、経理、簿記、音楽系が中心となっています。



      社会の産業構造の変化や、職業構造の変化により、社会のニーズの変化などが大きな理由になります。



      それが社会的な評価が高くなったこともあり、発展を続けていることでもあります。一方の資格を取得のための専門学校は変わらずその位置を保っています。
      従来は保育士以外の公的職業資格としては法制度が確立はいませんでしたが、近年では高齢化が進んでいることもあり、社会福祉士や介護福祉士などの社会福祉分野で公的職業資格制度が確立したのです。



      その後には精神保健福祉士、臨床工学技士、救命救急誌、また言語聴覚士などの専門学校が公的職業資格取得の養成施設となり、人材の養成を行っているのです。



      成長を続けてきた専門学校ですが近年は18歳の人口減少があり、生徒数は減少してきています。



      情報処理などの非資格分野の工業系の部門や商業実務の分野では減少していますが、資格教育分野においては特に医療分野では生徒数は増加しています。



      資格教育をする養成施設として認定されてきて、いろいろな学校と異なる制度を獲得して、独自の発展につなげていった学校になります。



      今後もますます公的資格の必要性が高まっていき、生徒数も増えていくと思われます。

  • 関連リンク

    • コンピューターに何らかの仕事をさせるためには、プログラムというものを作らなければなりません。というのは、コンピューターというものはプログラムというもので動く、という仕組みを持っているマシンであるからです。...

    • 保育関係の専門学校で過ごした2年間、それが現在の私の社会人生活を支えている基盤です。小学生の時から子供が好きだった私は大人になったら保育園の先生になりたいと思うようになりました。...